On this page

広範囲に及ぶインフラ建設を活用するチャンス

NSW州政府は今後20年間以上にわたって住民が利用できるインフラの建設に全力を傾けています。すでに872億ドルを投じて2017年から2021年までの期間に実施される建設プログラムを開始しており、同プログラムでは交通網の整備と、学校やスポーツ・医療・観光施設といった社会インフラへのアクセス改善によって持続的な経済成長と人口増加を支えることに重点がおかれています。

2017-18年度のNSW州のインフラ支出は豪全州・準州のインフラ合計支出額の40%に及びます。

道路や橋の建設だけでも2017年には86億豪ドルが投入され、これは国内最高でした。この州と国内のその他の政府のインフラ支出により、オーストラリア全体のインフラ投資額はGDPの3.6%に相当します。これは世界の他の先進国のインフラ投資額の対GDP比率を大きく上回ります。

NSW州のインフラセクターで働くために世界中の人々がこの地に集まっていますが、魅力的なライフスタイルを求めて優秀な人材が集まるだけでなく、その多くがこの州に根をおろしています。また、この州には交通運輸や物流を専門とする優れた研究機関がある他、NSW州グローバルインフラハブが専門知識やベストプラクティス、イノベーションの共有を実現しています。

シドニーとNSW州の主要なインフラサブセクター

シドニーとニューサウスウェールズ州の重要なインフラサブセクターは次の通りです。

  • 交通運輸。NSW州政府は今後4年間に交通運輸と道路の整備向けに512億ドルの投資を行います。
  • 観光。シドニーは世界中で人気のある旅行先で、ますます増加する訪問者数がより良いインフラの需要を高めています。
  • クリーンエネルギー。NSW州は2050年までに純排出量をゼロにするという目標に基づき、安定した、安価なクリーンエネルギーの未来に向けた移行を続けています。
Read more

NSW州地方部のインフラプロジェクトの詳細を調べる。

Read more

シドニーとNSW州におけるインフラ関連の事業機会について読む。

インフラ投資を支援

NSW州政府はモダンで効率の良い、利用者目線のインフラを提供することで、この州の発展を助けます。私どもはリアルタイムの情報作成とその利用によって需要に対応したサービスが提供できるように交通運輸デジタルインキュベーターを設立しました。

理事会が管理するこのインキュベーターでは、新しいアイデアのプロトタイプの検証を行い、NSW州の交通運輸向けに実用化できるまで改善を行います。すでにData61と交通渋滞に対応するアルゴリズム構築に向けた契約を結んでおり、このアルゴリズムは将来利用者に、どのルートで通勤するのが一番早いかについてリアルタイムのアドバイスを送信できるようになります。

NSW州政府はこの州の交通運輸の有効活用向上に重点をおいた2056年に向けた未来の交通運輸戦略も策定し、運輸物流ナレッジハブも設立しています。

一方、私どものインフラ・ストラクチャードファイナンス課では、この州のインフラ開発の多くを官民パートナーシップによる調達プロセスで実施するための専門的アドバイスを担当省庁に行なっています。この対象となるのは1億ドルを超える全公共インフラプロジェクトです。

現在の投資機会

交通運輸や観光、エネルギー分野の企業にとってNSW州は大きな将来性を秘めています。シドニーとNSW州でますます増加するインフラプロジェクトをめぐって利用できる機会が多数あることに加え、世界でも経済の変化と人口増加に対応するために2017年から2040年までの期間に合計94兆米ドルのインフラ支出が必要です。

  • アジア太平洋地域の発展。この世界のインフラ需要の多くはアジア太平洋地域で生じることになります。中国とインド、日本の3国を合わせると2030年までに必要なインフラ投資は世界全体の40%近くを占めます。オーストラリアはこの3国と貿易投資協定を締結または交渉中ですので、この州の企業はこれを利用してこの需要を事業機会に結びつけることができます。
  • オーストラリアの発展。オーストラリアの人口は2040年までに3,400万人に達する見込みで、人口はシドニーとNSW州を中心に増大します。この人口増加による需要を満たすためにNSW州政府はNSW州2018〜2038年インフラ戦略を策定し、2018年から2022年の期間に合計872億ドルのインフラ支出を行うと発表しています。
  • オーストラリアの発展。オーストラリアの人口は2040年までに3,400万人に達する見込みで、人口はシドニーとNSW州を中心に増大します。この人口増加による需要を満たすためにNSW州政府はNSW州2018〜2038年インフラ戦略を策定し、2018年から2022年の期間に合計872億ドルのインフラ支出を行うと発表しています。

こうしたプロジェクトの多くで私どもは積極的に民間投資を求めています。多数ある計画中の主要プロジェクトの詳細はインフラパイプラインに記載されています

NSW州インフラパイプライン小冊子をダウンロードされるか、次にまとめられている事業機会をご覧ください。

ウェスタンシドニーおよびエアロトロポリス開発と周辺区域

  • 2026年までにウェスタンシドニー空港を建設するためにオーストラリア連邦政府が53億豪ドル投入
  • 将来のエアロトロポリスと観光の玄関口:貿易と物流、先端製造、医療、教育、科学を中心とする地域経済
  • アグリビジネス区域
  • 航空宇宙・防衛産業区域
  • ノースサウスレールリンクと呼ばれる南北を結ぶ鉄道路線敷設
  • 東西を結ぶイーストウェスト大型公共交通整備
  • 6億3,200万豪ドルのキャンベルタウン病院再開発
  • 5 億5,000万豪ドルのネピアン病院改修
  • ウーロンゴン大学の新規リバプールキャンパス建設
  • リバプール医療学術区域

ウェスタンシドニー都市開発

  • シドニー西部のウェスタンパークランドシティの開発は連邦、NSW州、地方自治体の三者間の20年間にわたるパートナーシップに基づいて実施され、20万人の雇用を創出します。この都市開発はウェスタンシドニーの将来の住みやすさに重点がおかれ、ウェスタンパークランドシティ・リバビリティプログラムを通じて1.5億ドルの投資が実施されます。
  • 空港とエアロトロポリスおよび周辺地域の開発に200億豪ドルの公的支出
  • 医療と教育、研究機関が集まる革新区域を支えるためウェストミード病院再開発に9億豪ドル投入
  • シドニー大学のウェストミードキャンパス拡張に5億豪ドル、ウェスタンシドニー大学ウェストミードキャンパス再開発に4億5,000万豪ドルを投入し、医療と教育、研究機関が統合されたウェストミード革新区域を開発

パラマタCBD

  • 医療、教育、行政、金融、ビジネスサービスを中心とする地域経済
  • パラマタスクエアの開発に20億豪ドル投入。新規施設、各種建設、文化センターや小売業の事業機会を提供
  • パラマタノース都市再開発プログラム
  • ウェスタンシドニースタジアム改修工事に3億6,000万豪ドル。観光施設、大型イベント施設や健康・レクリエーション施設の開発も含むNSW州の社会インフラ投資の一環。

道路・電車網インフラ投資プロジェクト

  • シドニーメトロのウェスト路線とノースウェスト路線の延伸
  • ノースコネックス高速道路トンネル建設
  • パラマタライトレール計画に6,400万豪ドル
  • シドニーメトロのシティ、サウスウェスト、ノースウェスト各プロジェクトに合計120億豪ドル
  • シドニーCBDおよびサウスイーストライトレール建設に21億豪ドル
  • ウェスタンハーバートンネルに1億300万豪ドル、これを北部ビーチ地域につなぐビーチリンクに2,200億豪ドルそれぞれ投入

医療投資プロジェクト

  • ワガワガ基幹病院再開発に1億7,000万豪ドル(第3段階)
  • ランドウィック医療学術区域再開発に3億豪ドル
  • リバプール医療学術区域に3億豪ドル

シドニーやNSW州のインフラ建設における事業機会に関心のある方はぜひNSW州投資コンシェルジュにご一報ください。