On this page

オーストラリアのスタートアップ最大拠点シドニー

Sydney Startup Hub exterior

スタートアップの立ち上げに理想的な場所をお探しですか。ニューサウスウェールズ州政府はシドニー・スタートアップハブを通じてイノベーションや新興企業を積極的に支援しています。これに加えて世界を主導する教育機関および未来志向と優れたコラボレーションで知られるビジネス文化により、革新的思考を持つ人々と出会う機会も豊富です。私どもは結果を重視する創造者、もの作り専門家、思考家、実行家の集まりです。ぜひみなさんも仲間入りしてください。

シドニーとNSW州:スタートアップに理想的な環境

NSW州のシドニーは国内スタートアップの最大拠点で、国内テクノロジー系スタートアップの64%がシドニーで立ち上げられています。シドニーには革新的なスタートアップが集まり、研究とイノベーションを重視する文化、世界有数の安定した政治と規制体制、金融体制が揃っています。

NSW州政府はスタートアップがシドニーやNSW州で事業を立ち上げ、この州のダイナミックな経済の一員となることを奨励しています。

これを実現するために創立されたのがシドニー・スタートアップハブです。このハブは世界に知られたイノベーションセンターで、NSW州政府がスタートアップコミュニティを強化するために構築しました。ここではコラボレーションがしやすく、起業家同士が人脈を築く場となっており、投資家も集まっています。

シドニー・スタートアップハブについて

この種のハブでは国内初、南半球最大のイノベーションセンターであるシドニー・スタートアップハブはシドニー市内中心地にあり、全11階の総面積は17,000平方メートルに及びます。これに類似するプロジェクトの成功例にはマサチューセッツ州のケンダルスクエア・イノベーションセンターやパリのステーションFなどがあります。

NSW州政府が3,500万ドルの予算を投じて創立したシドニー・スタートアップハブには、国内屈指のスタートアップ、インキュベーター、アクセラレーター、イノベーションプログラムが一堂に集まり、スタートアップコミュニティの多様性を体現したハブとなっています。

シドニー市内中心地のウィンヤード駅の上にあるこのスタートアップハブは多様な組織と優秀な人材を一つのビルに多数集め、相互刺激によって革新的アイデアとコラボレーションが促進されやすく、人脈やスキル、資金や各分野で指導的立場にある人たちにもアクセスしやすい環境を提供しています。

インキュベーターやアクセラレーター、企業、政府は同じビル内で、多様なスタートアップコミュニティを代表する入居者たちと協力、連携しています。

レベル1のコミュニティ・イベントフロアはコラボレーションと人脈構築の場となっています。ここでは最高の頭脳を持つシドニー出身者が地方で才能を光らせる人材と出会い、全国規模もしくは国際規模のスタートアップや投資コミュニティと交わります。

この階にはチーム向け作業スペースや集中して作業ができる個人向け作業コーナー、無料wi-fi、カフェ、入居者用予約可能会議室があります。

シドニー・スタートアップハブ入居者

次のような組織が入居しています。

  • 中小企業と法人企業
  • スタートアップと既存組織
  • 営利セクターと非営利セクター
  • ICTだけでなく多様な産業セクター
  • インキュベーター:Stone & Chalk、 Fishburners、Tank Stream Labs、The Studio
  • 大企業や政府組織
    • マイクロソフトのアクセラレータープログラムScaleUp
    • カルテックスのC-lab
    • NSW州運輸局のデジタルアクセラレーターFuture Transport Digital Accelerator
    • NSW州財務・サービス・革新省コンシェルジュ

シドニー・スタートアップハブ入居者例

マイクロソフトのリアクターシドニー

— 世界各地の開発者やスタートアップコミュニティと人脈を築き、相互に影響を及ぼす教育と交流の場として設けられた物理的スペース。マイクロソフトのScaleUp プログラムとCloud Developer Advocatesプログラムもここを本拠としています詳しくは startups.microsoft.comをご覧ください。

カルテックスのC-lab —オーストラリアを象徴する誇り高きカルテックス社のC-labは同社デジタルチームの本拠地です。燃料をはじめ多様な顧客や従業員が日々必要とするものを届ける革新的デジタルソリューションの実現を目的としています。 詳しくはcaltex.com.auをご覧ください。

オプタス・イノベーションハブ — オプタスの中小企業事業部とスタートアップや中小企業との間のコラボレーションを実現するために開設されたもので、こうした組織を物理的に新技術と専門知識に結びつけ、中小企業が直面する問題の革新的解決策を開発することを目的としています。詳しくはoptus.com.auをご覧ください。

Tank Stream Labs — 国内屈指のコワーキングスペースで、多くのテクノロジー系起業家や思想的指導者、早期採用者を生んできました。2017年フィンテック賞でコワーキングスペース最優秀賞を受賞。ここをベースに150以上のスタートアップがシドニーとパースで活動中。詳しくは tankstreamlabs.com をご覧ください。

The Studio — クリエイティブ産業やメディア産業向けの技術を専門とする新しいイノベーションハブ。メディア、エンタテインメント、コミュニケーション、音楽、ゲーム、クリエイティブ産業で国際的事業を創出する新技術の開発に向けてテクノロジー系スタートアップの育成と支援を行っています。詳しくはthestudio.orgをご覧ください。

Stone & Chalk — 国内フィンテックの中心で、各地の拠点を合わせると100社以上のスタートアップと600人を超える入居者がここを本拠に活動しています。法人の支援パートナーは27社に及び、アジア最大のフィンテックハブです。金融サービス業における将来の雇用を創出しており、現在の入居者とこれまでに輩出したスタートアップが合計2億6,500万ドルの資金を出資者から直接調達しています。詳しくはstoneandchalk.com.auをご覧ください。

Fishburners — オーストラリアのテクノロジー系スタートアップの促進と育成を目的に早期から開設された国内スタートアップスペースの一つ。2011年の開設以来、シドニーとブリズベン、上海でデスクスペースを合計800に増やし、これまでのメンバー数1,927人。3,345回以上に及ぶイベントを開催し10万人以上の起業家を支援。詳しくはfishburners.orgをご覧ください。

イノベーションNSW — 財務・サービス・革新省(DFSI)内のイノベーション担当局。州の政府官庁と民間セクターを結びつけて、経済、環境、社会における複雑な問題の解決に向けたイノベーションをNSW州公的セクター全体で推進。詳しくはinnovation.nsw.gov.auをご覧ください。

Future Transport Digital Accelerator — この種のものでは初のデジタルアクセラレーターで、イノベーターやスタートアップがNSW州運輸局と直接コラボレーションを行える場を設け、「未来の交通運輸テクノロジーロードマップ」の実施を促進するためのソリューションを共同開発。詳しくはfuture.transport.nsw.gov.au をご覧ください。

New South Walesシドニー・スタートアップハブについてもっと調べる。